calbee 堅あげポテト うすしお味の口コミレビュー

 

私が堅あげポテトを買おうと思ったきっかけは、友達の家にお菓子の持ちよりで集まった時にあったお菓子です。

その時は、「これおいしいなぁ」としみじみとみんなで言ってました。

それから買うことはなかったのですが、海外でポテトチップスを買ったとき堅いポテトチップスがおいしくて「日本でも同じような味で手軽に買えるのあるかな」と考えた時に、思い出したのがこの堅あげポテトです。

特にうすしおが好みです。

堅あげポテトの特徴は、堅くてポリポリの触感を楽しめるところです。

味もしっかりついているので、食べ応えがあります。

袋も濃い青でしかも少し光沢もあり、ちょっと高級感あります。

値段は約100円(スーパーによります)。

値段が安いからか内容量は65gと少なめなので、あっという間に食べてしまいます。

ただ、全部食べてしまっても量が少ないので罪悪感も少ないです。

ただ、自分が食べる分にはおいしくて文句なしなのですが、人が食べている時の咀嚼音が大きすぎてイラっとするときがあります。

堅あげポテトを食べた感想は、堅くて味がしっかりついていて初触感のポテトでした。

もともとカルビーのポテトチップスが大好きだったのですが、これを食べてからはこちらが大好きになりました。

ジャガイモ本来の味もして、変な化学調味料の味がせず、ほぼポテトと塩の味です。

厚切りになっているので食べ応えがあると思いました。

大きさは小ぶりで女性の小さな口でも簡単に入り、上品にも食べることができます。

小さい分だと口からこぼれることもないので、とても食べやすいです。

堅あげポテトのおススメの食べ方は、そのまま食べることです。

そのままの素材の味をしっかり楽しむことがいいと思います。

もしくは、お好みでクリームチーズに付けて食べてもおいしいです。

お酒のあてになります。

程よい塩加減とチーズの酸味が会うのかもしれませんが、ワインやお酒にとっても合います。

私は「キリ」というブランドのクリームチーズをつけて食べます。

堅あげポテトがおすすめな人は、ポテトチップスが大好きな人です。

ポテトチップスが好きな人で、これを好まない人はいないと思います。

ほかに「のり味」「ブラックペッパー味」などありますが、ダントツ塩味をおススメです。

あと、少し硬めの触感の食べ物が好きな方、また、ビールやお酒、ワインなどアルコールが好きな方のあてにおすすめです。

迷う理由がわかりません。

まず手に取って、一口食べてみてください。

程よい硬さと程よい塩加減に衝撃を受けることでしょう!

一口食べたら、もう虜になること間違いなしです。

家には最低2袋常備しています。

これを食べたら他のポテトチップスは目に入らなくなりますよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました