亀田製菓 じわ揚 塩こしょうの口コミレビュー

私が亀田のじわ揚げを買おうと思ったきっかけは、類似品に亀田製菓のこつぶっこというロングセラー品があり、これは慣れ親しんだかたさやおいしさは感じていたけれど、はたして姿形は似ているこのじわ揚げのアピールに書かれているしっとりさくっとした歯ごたえとはどんな感じかなと興味が持てたから。

全く買う前は想像ができなかったから。

じわ揚げの特徴はなんと言っても触感です。

カリッとしてそうなビジュアルですが、フレーズ通り、ジュワッと、じわーっとしています。

あー、こうくるか!と、まずは楽しい気分になりました。

そしてピーナッツも入っているので、満足感があります。

あとは味。

申し分ないくらいに塩こしょう味が忠実で、ついついお酒が欲しくなりますね。

ちょっと物足りないのは量。

味が濃いので少量で満足できるかなと思う反面、もう少し量があってもいい様な気がします。

じわ揚げを食べてみた感想は、味が濃いと思いました。

おつまみ系のお菓子ですね。

お菓子というとどうしても甘いのしょっぱいのを考えますが、こちらは、こしょうの存在感がとても濃いです。

完全に大人味です。

お酒を飲まない人は何と食べたらおいしいのか考えてみたら、ノンアルコールドリンクなどと合わせたらおいしいかな。

お夜食系なスナックに思います。

個装になっているので、食べる量は好みで調整できるところがいいですね。

おすすめの食べ方はアルコールや炭酸飲料に合うと思います。

お酒を楽しむ時間のスナックかな。

サラダのクルトンがわりにも使えると思います。

あとはご飯のおともに。

充分おにぎりと一緒に食べてもお茶漬けのあられにこしょう風味がついた感じで美味しかったですよ。

チキンと一緒に食べてもおいしいかもしれません。

フライドチキンの感覚になると思います。

じわ揚げがおすすめな人は、まず大人におすすめします。

塩こしょう味が子供の好む味ではないなと思ったからです。

また、本商品は味がとても濃い様に思えたので、お酒のつまみなどに使うにはもってこいだと思います。

私も気になったこちらの商品。

まず食べてみると触感に意表を突く新感覚を楽しむことができると思うので、晩酌のつまみになど、ちょっとしたおともに、新しい発見に出会ってみたい時に、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました