九面屋 薩摩銘菓塩豆かるかんの口コミレビュー

私が薩摩銘菓塩豆かるかんを買おうと思ったきっかけは、テレビの料理番組でたまたまかるかんを作っていて、食べたいと思ったからです。

でも作るとしたら、かるかん粉が必要だと分かって、かるかん粉は小麦粉や片栗粉みたいにあまり馴染みがなくて、手に入れるのが難しそうだと考えて、すでに完成しているかるかんを買った方がいいと思ったからです。

薩摩銘菓塩豆かるかんの良い点は、ただ甘いだけじゃなく甘さの中に塩のしょっぱい味が足されて、スイカに塩をかけて食べた時の様に甘味が増すところだと思います。

商品が届いてから原材料を見てわかったのですが、かるかん粉というのは米粉の事で、米粉と山芋が材料なので、小麦粉で作ったおまんじゅう等とはひと味違うモチモチッとした食感や、噛んだ時に独特のフワフワした感じを出すことができているんだという点も特徴だと思います。

薩摩銘菓塩豆かるかんを食べた感想は、やっぱり甘い物が好きな者としては、甘くて柔らかくて食べやすく普通に美味しいと感じました。

商品の良い点でも書きましたが、独特のフワフワ感をまだ味わって食べていたいと思ってしまいますが、すぐ無くなります。

一見すると生地だけの見た目は白い萩の月みたい感じなので、もちろん形が四角くて塩豆が見えるので違う物だと分かりますが、萩の月が好きな人は好きなんじゃないかなと思います。

薩摩銘菓塩豆かるかんのおすすめの食べ方は、普通にお腹が空いた時に食べるのもいいと思いますし、おやつタイムに食べるでもいいと思います。

もちろん、ご飯の後デザートとして食べるのもありでしょう。

特に、それ以上アレンジしなくていいと思います。

このお菓子に合う飲み物は和菓子なので、やっぱり緑茶やほうじ茶が合うと思います。

薩摩銘菓塩豆かるかんがおすすめな人は、和菓子が好きな人、甘い物が好きな人、クリームやチーズを使ったこってりしたものは苦手だけど何か甘いのものは食べたいという人、よくあるおまんじゅうとは違う食感のお菓子が食べたい人におすすめです。

私はテレビでかるかんを作っている所をみて食べたいと思ってこのお菓子を買ったけど、正直華やかなケーキとかタピオカよりぜんぜん地味な感じです。

でも食べてみたら、たまにこういうお菓子も食べたくなるよなという味だったよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました