カルビー じゃがりこチーズ味の口コミレビュー

 

私が買おうと思ったきっかけは、懐かしい味だったからです。

出会いのきっかけは、小さい頃に母が買ってきてくれたことでした。

妹が病院に入院していて寂しかったんですが、その間に母が私に買ってくれました。

私が小さい頃に発売が開始されて結構長い間ロングラン商品となってる上に、いつでもどこでも買えるという手軽さに安心感を覚えています。

商品のいい点は、フレーバーが沢山あることです。

はじめカリッと、あとからサクサクの食感が独特な食感がやみつきで、ついついとまらなくなるおいしさが特徴です。

1995年に発売されたロングセラーのお菓子ですが、定番の味以外にもコンビニで新しいフレーバーが並んでいるのを見かけたり、旅行先のおみやげ屋さんなどで地域限定のフレーバーを見つけたりしたことはありませんか?

発売以来、次から次へと新しい味が発売されている「じゃがりこ」には、たくさんの種類があって食べていて飽きません。

食べてみた感想は、サラダ味が美味しいです。

「じゃがりこ」といえばこの味!という方も多いかもしれませんね。

緑色のパッケージでおなじみ、ニンジンとパセリのつぶつぶがとってもおいしそうなサラダ味です。

ほどよい塩けのシンプルな味付けで、1本食べると止まらなくなるおいしさです。

素材そのままのおいしさが味わえるサラダ味の味わいを活かして、じゃがりこのカップにお湯を入れてふやかし、マヨネーズなどを加えてポテトサラダを作る人も多いとか。

シンプルな味だからこそ、アレンジがきくのもうれしいです。

じゃがりこのおすすめの食べ方は、じゃがアリゴです。

ジャガイモをベースに、チーズおよびその他の食材を混ぜ合わせて調理する。

粘度が高く、「餅のよう」とも表現され、非常によく伸びるのが特徴で肉料理などの付け合せとして供されます。

恐ろしく簡単に、今流行りのフランスの伸びるチーズマッシュポテト。

じゃがりこ一個に、塩とさけるチーズ一本を裂いて入れ、熱湯150ccを入れて蓋をして数分待ち混ぜるだけ。

じゃがりこと、裂けるチーズが旨いから当然旨いです。

じゃがりこがおすすめな人は、満足感が得たい人です。

一度食べ始めたら、ついとまらなくなってしまう「じゃがりこ」。

もっとたくさん食べたい!という声に応えて2012年に登場したのが、大きめサイズの「じゃがりこLサイズ」です。

じゃがりこの基本の味を活かしつつ、長さは通常サイズのおよそ1.2倍。

容器の大きさに合わせて、サイズも大きくなっています。

レギュラーサイズでは満足できない!という方におすすめの量になっています。

じゃがりこ、一人暮らしの人にオススメです。

裂けるチーズと一緒にお湯であえれば、アリゴになってとても満腹感が得られますし、じゃがりことコンビーフでポテサラを作って、最後にチーズをかけるだけの簡単レシピなのですが、チーズ味のじゃがりこに追いチーズをするという背徳的行為にハマる。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました